2019.08.04 前穂高岳北尾根

2019.8.4前穂高岳北尾根

3:30涸沢小屋 5:30 5,6のコル 9:00前穂高山頂 11:30 岳沢小屋 14:00上高地登山口。

前日、上高地より涸沢入り。久しぶりの涸沢は遠かった。それよりもヒュッテ前テント場から 初めて泊まる涸沢小屋までの登りがこたえた。冬は安比高原、夏は涸沢小屋で働くT沢さんを頼りに初めての涸沢小屋だった。T沢さんは警備隊出向で不在だが生ビールをごちそうになった。3時起床だが北尾根方面は我々だけ、5,6のコル方面へヘッデンの光が見える。明るければ明瞭なのだが小屋から雪渓へ出るのに少々迷う、ヒュッテ近くまで戻り雪渓へ出るのが正解だったのかもしれない。ガレ場を嫌い、アルミアイゼンを付け雪渓をできるだけ登る。途中であきらめガレ場を辿りふみ跡へ出る。明るくなった5,6のコルは予想通りブヨの出迎え、慌てて防虫スプレーを塗る。数年前4峰正面壁を登っているので4峰まではわかっているはずであったが4峰を涸沢側へ捲くと不明瞭になる。アンザイレンして奥又側へ戻りルートを取り戻す。3,4のコルにはスタカットで登り始めた3人パーティ。若い3人の後に続く。遅いが、急ぐ登攀でもないのでゆっくり登る。北尾根上部はまさに50年振り、記憶に全く無い。当時はロープを出さずに登り降りしていたがルートが変わったのだろうか?2峰の下りは先行の懸垂が遅いので涸沢側を捲いて降りる。ここは少々悪かった。頂上で先行の3人にコンテの際のロープの捲き方を教える。彼らは途中、首に巻き付ける危険な形でロープを保持していた。皆素直な20代の若者だった。大渋滞の重太郎新道を下るがここが一番の難所だったかもしれない。でも、50年振りの北尾根は楽しかった。

涸沢のテント村。思ったより少ない。

涸沢小屋のテラスより北尾根。

ビールとわらび餅。

ビールとソフトクリーム。

5,6のコルで登攀スタイルへ。

にぎやかな前穂高山頂。

 

 

カテゴリー: 山行報告 | コメントする

2019.05.26 明神岳東稜

2019.05.26明神岳東稜

3:05明神館  5:08宮川のコル 6;30ひょうたん池 11:55明神岳山頂  3:00 奥明神沢コル 14:15岳沢小屋 16:30上高地

10回目くらいの明神東稜だが残雪期としては一番遅い5月の終わり。去年は東稜でよく一緒になったKガイドが4月に亡くなったなどのこともあり気分が乗らず実現しなかった。何時も泊まる嘉門次小屋は今年から宿泊客をとらないとのことだった。仕方がないので2,000円ほど高い明神館へ泊った。宿泊の快適さからいうと明神館の方が良いが、雰囲気は嘉門次小屋にはかなわない。夕食事時のオーナーの講話も気に入らない。2時半に起きて3時過ぎに出るが、暖かい。宮川のコルまでは全く雪がない。宮川のコルからヒョウタン池までは雪渓通しに歩くことが出来ず灌木の藪漕ぎを強いられ疲れた。ヒョウタン池には幕営した2名が準備を終えたところ。東稜を登るのかと思うとそのまま下山していった。結局東稜は我々2人だった。ほとんど雪がないのだが所々出てくる雪壁のためアイゼンを付けたままの登攀となった。気温も上がり、アイゼン、コンテスタイルで登ったのでとても疲れた。雪も高温のためグサグサ不安定でさらに疲れる要因に。最後のバットレスに立派なロープがかかっていた。邪魔だと思って思い切り引っ張ったら簡単に外れた。山頂直下20mほど残っている雪もグサグサ、左の肩に出て終了した。今までで一番時間がかかったし疲れた。これは自分の年からくる体力低下なのか反省の材料となった。

明神の二輪草。

泊まれないけど嘉門次小屋でビール。

宮川のコルも雪が少ない。

ヒョウタン池まで雪がつながっていません。灌木帯の突破が大変でした。

雪渓へ出てヒョウタン池へ。

東稜も何とか雪が残っている感じ。

ヒョウタン池で大休止。これから急に気温が上がりました。

貴重な雪稜。

このピークを下るとラクダのコル。正面は山頂直下のバットレス。

バットレス直下のグスグス雪壁。

明神山頂。

疲れました。

奥明神沢の下り。

 

 

 

 

カテゴリー: 山行報告 | コメントする

2019.02.23森吉山BC

2019.02.23 安比スキー場6:00 車にて阿仁ゴンドラステーション8:20       ゴンドラ頂上駅9:25 森吉山山頂11:00  阿仁ゴンドラベースステーション13:10

安比高原より約130kmのドライブ。東北道小阪ジャンクションより新しく出来た秋田道を通って大館方面へ。能代空港の近くを通過してマタギの里阿仁へ。もっと小さな山村と思っていたが意外と大きな集落のようだ。ゴンドラステーションに着くと既に何台もの車が駐車していた。登山計画書を提出、下山報告も義務ずけられる。山頂駅でシールを装着するが相当の数の登山者と山スキーヤーが集まっている。素晴らしい今日の天気と見上げる樹氷源に皆感激している。避難小屋を過ぎてから皆のトレースを外れ樹氷源の中を登る。傾斜も適当、ラッセルも足首程度で樹氷源の幻想的な雰囲気を堪能しながらゆっくり登った。頂上付近は樹氷も少なく雪面もクラストしている緩い傾斜のまま山頂へ。下降は当初の計画では北面を滑って途中ルートへトラバースして登り返す予定だった。北側は表面がクラストしていたので西よりの登山ルートに近いルートを滑る。写真を撮りながらゆっくり樹氷源を味わいながらの滑降だった。最後20分ほどの登り返しで登山ルートへ戻った。そのまま、スキー場へ入りゲレンデを滑ってベースステーションへ。今まで経験したことが無かった素晴らしい樹氷源のスキーだった。

ロープウエイに乗るとワクワクしてくる景色が広がります。

右の広い山が森吉山。

ローウエイステーションから樹氷見物トレールを離れます。

最初はフラッグに導かれ進みます。

避難小屋よりこの樹氷原を気ままに山頂を目指しました。

お伽の世界でした。

1時間半の短い登りでしたが山頂へ。もっと登りたかった。

上部はガリガリでしたが、薄く積もった新雪は最高のコンディションでした。

ZagSki  H95 は最高のスキーでした。

 

 

カテゴリー: 山行報告 | コメントする

2019.01.27~28八幡平屋の棟岳、西森山北面BC

01.27 安比西森山から屋の棟岳  9:30西森リフト頂上 12:00屋の棟岳頂稜   13:30御在所

安比西森山頂より八幡平方面へ気持ちの良い林間歩き。茶臼岳までのつもりだったが風が強く屋の棟岳までとした。屋の棟の南面の雪は表面が少々重く滑り易い雪ではなかったが気温が低かったの何とか滑降を楽しめた。

西森山から屋の棟のコルへの緩い下り。雪が深いので下りでも時間がかかりました。

西森、屋の棟のコル。夏道のツアー標識です。

屋の棟頂稜。何処が頂上か何度も来ているのに解りません。

旧松尾鉱山を見渡せます。

ちょっと滑りにくいパウダー?

 

雪煙からみても重いパウダーでした。

大斜面の後半もったりとした雪になってきました。

屋の棟の南面、滑ってきた斜面です。

01.28 西森山北面BC

昨日の屋の棟の南面の雪質があまり良くなかったので西森の北面を滑って安比スキー場の西森ハウスまで滑りました。さすが北面、雪質は最高でした。ただ木が多いので快適とは言えません。

北面はやはりドライパウダーです。

時々思いきり滑れます。

右へ右へとゲレンデ途中へ戻ります。

下部はぶなの巨木が現れます。

 

 

カテゴリー: 山行報告 | コメントする

2019.01.19 八ヶ岳美濃戸アイスクライミング

暖冬といわれる今年恐る恐るアイスクライミングの練習に行ってきました。美濃戸口から赤岳鉱泉への林道へ入って直ぐの安直なゲレンデですが何とか氷結していました。傾斜の緩い氷には既に2パーティ、我々は奥のバーティカルな氷へ。何とか繋がっている感じなのでトップロープを張り何度か練習した。下部はツララも細く壊さないように繊細なクライミングを心がけた。いつもの年の半分の氷の発達であったが何とか今年初のアイスクライミングを終えた。我々が帰るころには傾斜の緩いアイスエリアは初心者の講習会で人がいっぱいだった。

周辺には雪も無く、寂しい感じでした。

例年なら滝まで雪壁なのですが。

上部は硬い氷でした。

左の微妙なツラララインを登りました。

右側の比較的安定したライン。

 

カテゴリー: 山行報告 | コメントする

2018.11.03 奥又白池散策

2018.11.03 奥又白池散策

7:00上高地河童橋 8:35新村橋 9:35松高ルンゼ分岐 12:10奥又白池  16:30上高地バスターミナル

今シーズン上高地入りしたのは奥穂高南稜登攀の一度だけ、何とかもう一度と思い奥又白池を散策してきました。紅葉は既に終わっていましたが、冬山の雰囲気十分の静かな奥又白池を堪能しました。前日に登ったと思われる単独の登山者のトレースに助けられ、何とか最終バスに間に合うことが出来ました。

6:15の始発のバスで上高地入り。天気は予報がはずれ上部に雲がかかっていました。

久しぶりの新村橋。

パノラマコースから松高ルンゼ。中畠新道は右の尾根。

松高ルンゼは凍っていました。

松高ルンゼを抜けました。

最後足首までの雪壁をトラバースして池へ。

奥又白池と前穂高北尾根。

コーヒーを沸かす時間はありませんでした。展望台に登り一目散で下山しました。

カテゴリー: 山行報告 | コメントする

2018.09.23 奥穂高岳南稜

2018.9.22~23 奥穂高岳南稜

9.23 5:10岳沢テント場 5:50取り付 10:30南稜の頭   10:50奥穂高岳山頂 12:40紀美子平 14:00 岳沢テント場

4年前の5月の連休に登ったことのある、ウェストンと嘉門次の初登攀ルート。初登時の無雪期に登りたくなった。積雪期は南稜下部はいろいろなラインから登ることが出来る。雪が無いと下部のルート取りが複雑そうなので前日に偵察し自信満々で取り付いた。取り付きのゆるい滝の上に2組の先行パーティ。最初のパーティは左へ直上している。ルートから外れていると思われた。取り付く前に落石を落とされたので暫し退避。我々は大滝側へ途中からトラバース。先行パーティが直上して間違えていたので我々は右へトラバース、しかし草付きを右へ行き過ぎてしまい、大滝の上段の基部まで行ってしまった。滝には残置も何もない。滝は登れそうだったが上部の草つきやブッシュ帯は厄介そうだった。早々に諦めて戻ることにした。40分のロス。ルンゼでガイドパーティと思われる6人ほどのパーティに追い付く。彼らを追い抜き、ルンゼの末端でスラブ帯に出る。スラブ帯は踏み後もあったので左側へ撒くことにした。しかし、左側は物凄い這い松帯、少々トライしたが早々に諦めてスラブ帯の下へ戻った。ガイドパーティはスラブ帯の下部を滑りながら登っている。我々は右側を撒くことにした。右側はトレースが明瞭で、途中一箇所スタカートをまじえる登攀で稜線上へ出ることが出来た。核心部はここまでで、あとは積雪期と同じ岩稜を南稜の頭へ。4時間40分もかかってしまった。積雪期は取り付きから3時間30分で登れたが、行ったり来たりの2度のルートミスで時間を使ってしまったようだ。やはり南稜は積雪期に登るルートか?しかし、穂高の南稜は素晴らしいクラシックルートに変わりなかった。

2014.5.2-5.5 奥穂高岳南稜

偵察散歩。

ルートは明瞭です。

取り付き近くに残っている雪の塊が危険です。

小屋がいっぱいで仕方なくテント泊でした。夜、隣の酔っ払いのうめき声で睡眠不足。

取り付いている先行パーティ1と準備の2名。

ガイドパーティに合流。想定したルンゼを登る。

岩稜へ出れば安心です。

南稜の頭で万歳。

奥穂高山頂より前穂高方面。

重太郎新道の下り。紅葉がはじまっていました。

カテゴリー: 山行報告 | コメントする

2018.08.30 ハワイオアフ島の岩場MokuleiaWall

2018.08.30 ハワイオアフ島の岩場MokuleiaWall

ハワイを家族旅行中でしたが、ハワイにも岩場があるとのことで見るだけでしたが行ってきました。ハワイとクライミングはあまり似つかわしくありませんが、急に興味が湧いてしまいました。数か所の岩場があるとのことですが、行ったのはMokuleiaWallというオアフ島北側にある岩場です。いわゆるサーファーの聖地、ノースショアの岩場です。DillinghamAirFieldという小さな飛行場の先、海岸線の道路の3キロ程走った海岸から岩場に向かいました。海岸線から顕著な岩場が見え、トレールの入り口には、クライミングに対する警告の看板があり直ぐに解りました。岩場への道は良く整備されており岩場の下まではゆっくり歩き30分弱。海岸からの標高差は180mほどでした。岩は湯河原の幕岩と同じ様なチャートで硬い岩質のようでした。この岩場にはトップロープをセットするための細いラインが設定されており、このラインにロープを結び付けトップロープをセットするようになっていました。各ルートにはケミカルのアンカーがしっかり打たれていました。数年前に事故があり、しばらくは登攀禁止だったとのこと、トップロープクライミングを奨励しているようでした。岩場は25mくらい、50mロープで十分そうでした。岩場には誰も居ませんでしたが、北面の岩場なので日の陰る午後に登られているのだと思います。岩場からはノースショアの美しい海岸線が望まれ、貿易風が北側から何時も吹いているのでは思われました。次回機会があれば登ってみたいと思います。この岩場はHawaiiClimingCoalitionという任意の団体が管理しており、登るためには登録が義務ずけられています。HCCのサイトから無料で登録できます。

KaenaPointが岩場への入り口です。

海岸線の道路から一目でわかる岩場。

トレールの入り口には警告の標識。

 

トレールは良く整備されていました。

岩場の全貌。

トップロープセットのためのライン。

Topoがなかったのでルートは良く解りません。

幕岩の正面壁のような岩場。

岩場からは美しいノースショアの海岸線。

 

 

 

カテゴリー: 山行報告 | コメントする

2018.08.18 小川山東俣沢”野猿おとし”

2018.08.18 小川山東俣沢右岸“野猿おとし”

8:30取り付き 11:30終了点

篠原、松原ガイドがルート整備をして紹介したクラシックルートを登りに行きました。ルートは1p目にボルトが1本あるだけでしたが、潅木などが切られてあり下山道も適当に伐採されていました。ルートは難しくはありませんが、ルートファインディングを楽しめました。露出感のある爽快な尾根クライミングで、クライミング+ハイキングとも言えます。

水量があったので堰堤を裸足で渉ります。釣り人が迷惑そうにしていました。

1p目。幕岩のシンデレラフェースに似ていると言われる。

快適な岩尾根。

1本のロープに3人で登りました。

ルートの核心部。露出感があります。

小川山が見渡せます。

リードお疲れ様でした。

終了点の木と川上村のレタス畑。

 

 

カテゴリー: 山行報告 | コメントする

2018.08.04 八ヶ岳中山尾根+ぎょうじゃでギョウザ

2018.08.04 八ヶ岳中山尾根+行者で餃子

http://blog.livedoor.jp/akadakekousen/archives/51254117.html

赤岳山荘6:00 赤岳鉱泉7:30 中山尾根取り付き9:00 終了点11:35 行者小屋12:45  赤岳山荘15:00

ヨーロッパから帰ってとんでもない暑さが続く。涼しい北アルプスは遠すぎ。谷川は暑いし蚋がいる。そのようなことで高度が高く乾燥している八ヶ岳へ行くことになった。しかし大同心は取り付きまでの登りに自信なし。小同心も同じである。結局アプローチシューズで登れ、ギヤも最小限、ロープも細いシングルで大丈夫な中山尾根と決めた。取り付きまでは途中でトレースが無くなっても何と無く取り付きの尾根へたどり着く。登山者の多い八ヶ岳の中では静かな登りだった。登攀は下部の2ピッチ、上部の2ピッチだけだが出だし恐々だった。ドロミテの石灰質の硬い岩とは大分違った。確かめながらの登攀だった。地蔵尾根を降り、行者小屋では“行者で餃子”という企画で長野では有名らしい餃子チェーン”テンホウ“の餃子を1皿500円で提供していた。丁度昼食時だったので2皿堪能して下山した。

中山尾根取り付き。

1p目出だし。全てが信用できない八ヶ岳の岩。

2p目。左の草付を登らず、直登してみました。快適でした。

最後の乗越。

縦走路にて。

”行者で餃子”。

1皿500円の”テンホウ”餃子。下界ではいくら?

 

カテゴリー: 山行報告 | コメントする